コレクション・テーマ展(3)
石元泰博写真展 建築家・磯崎新、内藤廣の仕事

《牧野富太郎記念館》 1999年/設計 内藤 廣 ©高知県,石元泰博フォトセンター

戦後、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(ID)で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博(1921 – 2012)は、モダン・デザインの思想に裏打ちされた画面構成とその厳格な造形意識から、日本にとどまらず国際的にも高い評価を得ている高知ゆかりの写真家です。IDを卒業後、1953年の来日時に撮影した桂離宮に、日本建築に内在するモダニズムを見出したと評され、以降そのキャリアの中で国内外の建築を撮影する「建築写真家」としても名をはせました。

写真家としてのキャリアの中で、建築を被写体に選んだ作品は数多く存在します。学生時代を過ごし、撮影に繰り出したシカゴの街並み、シカゴから撮影の拠点を移した東京の建物、写真集となった《桂離宮》や《伊勢神宮》、また、『SD』や『新建築』といった建築雑誌の依頼仕事など、枚挙にいとまがありません。また、石元は日本を代表する建築家である丹下健三や、菊竹清訓、磯崎新、内藤廣など多くの建築家の作品を撮影してきたことでも知られています。本展では、特に交流の深い建築家、磯崎新氏と内藤廣氏の手がけた建築を撮影したプリントを中心に紹介します。建築家の作品である建造物は、石元独自の視点で切り取られ、均整のとれた画面を構成し、自らが印画した光と影のトーンから、石元が建築写真を通して表現した哲学を感じていただけることでしょう。

関連イベント

担当学芸員によるギャラリートーク:
会期中毎土曜日13:30~

トークイベント:
●「建築家内藤廣から見る石元泰博」
講師:内藤廣(建築家・東京大学名誉教授)、里見和彦(展示デザイナー/元高知県立牧野植物園教育普及課長)
パネルディスカッションゲスト:影山千夏(元石元泰博フォトセンター長代理)
2019年1月23日(水) 14:30~16:00
石元泰博と親交の深かった建築家のひとりである内藤氏と、内藤氏設計による「牧野富太郎記念館」の建設に関わられた里見氏にお話しを伺います。

●「建築史から読み解く石元泰博」
講師:前田尚武(一級建築士/学芸員/京都市美術館リニューアル準備室企画推進ディレクター)
2019年2月11日(月・祝) 14:30~16:00
「建築の日本展 その遺伝子がもたらすもの」(森美術館、2018年)をはじめとした建築展などの企画に携わられてきた前田氏に、建築史の視点から石元泰博についてお話しいただきます。

講師プロフィールはこちら

 

会場
高知県立美術館 1階 講義室
(高知県高知市高須353-2)

定員・参加料
各回50名(事前申込制) 無料

申し込み方法
12月23日(日・祝)より電話・お問合せフォームにて受付(先着順)
電話:088-866-8000(9:00~17:00)
お問合せフォームはこちら

 

同時開催:
石元泰博・コレクション展「シカゴ建築」
前期|2018年11月27日(火)~2019年2月3日(日)
後期|2019年2月5日(火)~3月31日(日)
※2月4日(月)は展示替えのため閉室


石元泰博・コレクション展「シカゴ建築」

学生時代を過ごし、代表作『シカゴ、シカゴ』の撮影地ともなった石元ゆかりの土地、アメリカ・シカゴ。生活の拠点を日本に移したのちの1966年秋、石元は建築誌『SD』

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「HANA」

大きな花びらを細い花柄が支えている花の仕組み、自然の不思議さに魅了され、石元が東京の自宅の居間に簡易スタジオを作って花を撮影し始めたのは、昭和61(1986)年

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「国東紀行」

九州・大分県の北東部に位置し、まるでお椀を返したような形で海に突き出す国東(くにさき)半島。ここでは奈良から平安時代にかけ、大陸より伝来した仏教に宇佐八幡の八幡

もっと読む →