石元泰博・コレクション展「シカゴ建築」

《860-880 レイク・ショア・ドライブ・アパートメント》 1966年 860–880 Lake Shore Drive Apartments ©高知県, 石元泰博フォトセンター

学生時代を過ごし、代表作『シカゴ、シカゴ』の撮影地ともなった石元ゆかりの土地、アメリカ・シカゴ。生活の拠点を日本に移したのちの1966年秋、石元は建築誌『SD』*1での特集「シカゴ派―その文明史的背景」の取材のため、再びかの地を訪れます。
建築写真家としても活躍した石元は、摩天楼発祥の地であり、街全体が“建築の博物館”とも称されるシカゴの名建築群を次々とカメラに収め、バウハウス流の造形感覚を培ったニュー・バウハウス時代の初期作品とも、“己のシカゴ” *2を追い求めた「シカゴ」シリーズとも異なる視点で、慣れ親しんだ街を切り取りました。
1週間ほどの滞在期間に撮影されたカット数は約3,400コマ(36枚撮り35mmフィルム90本以上)にのぼり、そのプリントからは、限られた時間のなかで徹底的に対象に向かう石元の姿勢やその熱気までもが伝わるようです。
本展では、撮影当時制作されたヴィンテージ・プリントを中心に、シカゴ建築を写した作品を紹介します。

*1『SD スペースデザイン』1967年2月号(鹿島研究所出版会)
*2『色とことば』(石元泰博+滋、1984年)より

 

出品リスト前期(PDF)


コレクション・テーマ展(3)
石元泰博写真展 建築家・磯崎新、内藤廣の仕事

戦後、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(ID)で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博(1921 – 2012)は、モダン・デザインの

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「HANA」

大きな花びらを細い花柄が支えている花の仕組み、自然の不思議さに魅了され、石元が東京の自宅の居間に簡易スタジオを作って花を撮影し始めたのは、昭和61(1986)年

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「国東紀行」

九州・大分県の北東部に位置し、まるでお椀を返したような形で海に突き出す国東(くにさき)半島。ここでは奈良から平安時代にかけ、大陸より伝来した仏教に宇佐八幡の八幡

もっと読む →