Chicago, Halloween (1959-61)
©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center
Chicago, Town (1959-61)
©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center
Chicago, Town (around 1960)
©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center
Chicago, Snow and Car (around 1950)
©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center

『ある日ある所』より 《東京 こども》 1953-57年 ©高知県,石元泰博フォトセンター

うつりゆくもの 変わりゆくもの 石元泰博の世界19

ある日ある所  先日、少し遅めの夏休みを取りフランスを旅した。マルク・シャガールのステンドグラスがあるランス大聖堂と藤田嗣治の教会を見るということ以外に特に目的

もっと読む →

《東京 山の手線・29》
 1981-85年 ©高知県,石元泰博フォトセンター

石元泰博・コレクション展「東京―山手線界隈」

1953年にシカゴから帰国以来、東京を拠点に活動してきた石元は、常に自らが暮らす街から社会の姿を撮影してきました。1980年代、バブル景気に向かい激しく変貌する

もっと読む →

《御陣乗太鼓(輪島)》
 1963年頃 ©高知県,石元泰博フォトセンター

うつりゆくもの 変わりゆくもの 石元泰博の世界18

日本の祭り 高知の夏を彩るよさこい祭が終わると夏のピークも過ぎ、街はいつものゆっくりとした時間へと戻っていくようである。商店街の賑わいを求めて始まったこの祭りも

もっと読む →

《東京 街》 1953年 ©高知県,石元泰博フォトセンター

うつりゆくもの 変わりゆくもの 石元泰博の世界17

独自のリアリズム 「これは銀座の和光の前。奥にいる浮浪者風の男を狙っていたら、進駐軍の男と娼婦が前を通ったので撮った。冬の夕方4、5時くらいだったかな」 という

もっと読む →

002_photo_t

6月14日は石元泰博氏の誕生日です

1921(大正10)年の今日、アメリカはサンフランシスコにて農業移民として渡米していた両親(父・藤馬、母・美根)の元に生まれ、3歳から18歳までを両親の郷里であ

もっと読む →

《日の丸》 1963年  ©高知県,石元泰博フォトセンター

うつりゆくもの 変わりゆくもの 石元泰博の世界16

日の丸の風景 サッカーのワールドカップ(W杯)は、ホスト国ドイツなど欧州勢がベスト4に進出、世界を熱狂させている。ジーコ・ジャパンは残念ながら一次リーグで敗退し

もっと読む →

Autophoto_COM-A4_Friedman_UK_72dpi_1024_s

カルティエ現代美術財団の企画展「Autophoto」に石元泰博の作品が出品中

フランス・パリのFondation Cartier pour l’art contemporain(カルティエ現代美術財団)での展覧会「Autoph

もっと読む →

《ギャンブル邸》 1974年 (c)高知県,石元泰博フォトセンター

石元泰博・コレクション展「カリフォルニアの住宅 グリーン・アンド・グリーン」

石元泰博は1974年にカリフォルニア州パサディナを訪れ、アメリカの建築家グリーン・アンド・グリーンの手による住宅を撮影しました。チャールズ・グリーンとヘンリー・

もっと読む →

Ted Bosley4-2016

石元泰博・コレクション展 関連講演会「カリフォルニアにおける日本の魅力 グリーン・アンド・グリーン建築と石元泰博の写真」 講師:エドワード・R・ボスレー氏(ギャンブル邸館長/南カリフォルニア大学建築学部)

高知県立美術館 石元泰博・コレクション展 「カリフォルニアの住宅 グリーン・アンド・グリーン」 関連講演会 「カリフォルニアにおける日本の魅力 グリーン・アンド

もっと読む →

《東京 街》 1963-70年 ©高知県,石元泰博フォトセンター

うつりゆくもの 変わりゆくもの 石元泰博の世界15

“成り行き”と“とことん” 2度目のシカゴ滞在から日本に帰ってきた石元は、東京綜合写真専門学校や、東京造形大学などの教壇にたつ傍ら、シカゴ時代と同様に、自分の生

もっと読む →