石元泰博・コレクション展「ヌード」

《ヌード》1957年頃 Nude, c. 1957 ©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center

アメリカで先端的なモダンデザインと写真の教育を受けたのち、1953年に東京へと拠点を移した石元は、学生時代に撮りためた作品の発表や、代表作〈桂離宮〉の撮影と並行して、日本の写真雑誌への撮り下ろしにも精力的に取り組みました。その中でも、東京の風景やこどもを写した連載などと並んで注目すべき仕事に〈ヌード〉が挙げられます。
西洋絵画の流れを汲みつつ、写真独自の表現が追及されてきたヌードの分野に、戦後多くの日本の写真家たちが挑むなか、日本写真界で特異な存在感を放っていた石元も、雑誌『写真サロン』の特集記事への参加などを通して撮影の機会を得ています。手掛けた作例はごく限られますが、情緒を排し、切り詰めた構図のうちに被写体を即物的に捉えた作品によって、その個性と実力とを存分に発揮しています。
本展では、50年代に取り組まれたシリーズを、知られることの少なかったカットとともに紹介します。

 

出品リスト(PDF)

パンフレット(外部サイト|Kochi ebooks)


石元泰博・コレクション展「フォトセンターの10年」

高知県立美術館 石元泰博フォトセンターは、郷土ゆかりの世界的写真家・石元泰博氏のコレクションを適正に管理・保存し、継続的な調査・研究を行い、その価値を広く普及す

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「私の好きな写真家 石元泰博」

高知県立美術館 石元泰博フォトセンターは2023年、開設10周年を迎えました。これを記念して、これまでに開催したコレクション展のメインビジュアルより好きな作品を

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「HANA/牧野富太郎記念館の建築」

高知県出身の植物分類学者・牧野富太郎博士をモデルとしたNHK連続テレビ小説「らんまん」の放映を記念し、同郷の写真家・石元泰博が手掛けた2つのシリーズ、〈HANA

もっと読む →