高知県立美術館 二大コレクション展
石元泰博写真展「シカゴ、シカゴ」

Chicago, Little Ones, 1959-61 from "Chicago, Chicago" ©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center

 

戦後、米国・シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(ID)で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博(1921-2012)は、モダン・デザインの思想に裏打ちされた画面構成とその厳格な造形意識から、日本にとどまらず国際的にも高い評価を得ている高知ゆかりの写真家です。石元はIDを卒業後、間もなく日本に戻りましたが、1958年の12月から1961年にかけて、再びシカゴに滞在しています。このときに撮りためた写真をもとに、3冊目となる写真集『シカゴ、シカゴ』を美術出版社から出版しました。写真を学び、生活したシカゴ。そこに住まう人々の、何気ない日常を鋭く的確な眼差しをもってとらえた写真で、石元は高い評価を得ました。今回の展覧会では、この写真集『シカゴ、シカゴ』に掲載された作品210点をほぼ網羅し、作家自らが焼いたオリジナル・プリントによって紹介します。

 

同時開催
二大コレクション展:マルク・シャガール「祝祭のパリ」
「二大コレクション展」ウェブページ

 

高知県立美術館の二大コレクションについて
高知県立美術館は現在、約42,000点の美術資料を所蔵しています。高知県ゆかりの作家、作品に加え、質・量ともに世界有数を誇るマルク・シャガールの油彩画、版画と、国際的に活躍した写真家・石元泰博の膨大な写真作品は、当館を代表する「二大コレクション」として知られています。これらは年度ごとにテーマを設け、定期的に入れ替えながら専用の展示室で常時公開しています。


石元泰博・コレクション展「フォトセンターの10年」

高知県立美術館 石元泰博フォトセンターは、郷土ゆかりの世界的写真家・石元泰博氏のコレクションを適正に管理・保存し、継続的な調査・研究を行い、その価値を広く普及す

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「私の好きな写真家 石元泰博」

高知県立美術館 石元泰博フォトセンターは2023年、開設10周年を迎えました。これを記念して、これまでに開催したコレクション展のメインビジュアルより好きな作品を

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「HANA/牧野富太郎記念館の建築」

高知県出身の植物分類学者・牧野富太郎博士をモデルとしたNHK連続テレビ小説「らんまん」の放映を記念し、同郷の写真家・石元泰博が手掛けた2つのシリーズ、〈HANA

もっと読む →