石元泰博・コレクション展「なかま」

《シカゴ こども》1948-50年 Chicago Little Ones 1948-50 ©高知県,石元泰博フォトセンター

両親の故郷・高知にて高校卒業まで過ごした石元は、その後渡米し、写真を学ぶためシカゴのインスティテュート・オブ・デザインに入学しました。バウハウス の教育理念に基づくカリキュラムは、造形行為の基礎や感覚を鍛える授業内容から始まり、石元にとって近代的な写真の理念と方法論を学ぶだけでなく、作品の 根幹をなす造形感覚を養うこととなったのです。当時教鞭をとっていたハリー・キャラハンやアーロン・シスキンに学び、学友であるマーヴィン・E・ニューマ ンと共に研鑽を積みながら、石元は自身の作品の芸術性を高めてゆきます。その在学時の熱心な取り組みで、石元はモホリ=ナジ賞の連続受賞という快挙を成し 遂げました。また、3者との交流は卒業後も続き、石元は彼らの作品を数点所有していました。本展は、石元の学生時代に焦点を当て、インスティテュート・オ ブ・デザインでの作品と、石元のプライヴェート・コレクションから、当時交流のあった写真家の作品を紹介するものです。


石元泰博・コレクション展「HANA」

大きな花びらを細い花柄が支えている花の仕組み、自然の不思議さに魅了され、石元が東京の自宅の居間に簡易スタジオを作って花を撮影し始めたのは、昭和61(1986)年

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「国東紀行」

九州・大分県の北東部に位置し、まるでお椀を返したような形で海に突き出す国東(くにさき)半島。ここでは奈良から平安時代にかけ、大陸より伝来した仏教に宇佐八幡の八幡

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「色とことば」

多重露光という手法で生み出された鮮やかなカラー写真群は、石元が半世紀にわたって取り組んだシリーズです。 同じフィルムのひとコマに複数の画像を重ねて写すこの技法を

もっと読む →