コレクション・テーマ展(3)
石元泰博写真展 建築家・磯崎新、内藤廣の仕事

《牧野富太郎記念館》 1999年/設計 内藤廣 ©高知県, 石元泰博フォトセンター

戦後、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(ID)で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博(1921 – 2012)は、モダン・デザインの思想に裏打ちされた画面構成とその厳格な造形意識から、日本にとどまらず国際的にも高い評価を得ている高知ゆかりの写真家です。IDを卒業後、1953年の来日時に撮影した桂離宮に、日本建築に内在するモダニズムを見出したと評され、以降そのキャリアの中で国内外の建築を撮影する「建築写真家」としても名をはせました。

写真家としてのキャリアの中で、建築を被写体に選んだ作品は数多く存在します。学生時代を過ごし、撮影に繰り出したシカゴの街並み、シカゴから撮影の拠点を移した東京の建物、写真集となった《桂離宮》や《伊勢神宮》、また、『SD』や『新建築』といった建築雑誌の依頼仕事など、枚挙にいとまがありません。また、石元は日本を代表する建築家である丹下健三や、菊竹清訓、磯崎新、内藤廣など多くの建築家の作品を撮影してきたことでも知られています。本展では、特に交流の深い建築家、磯崎新氏と内藤廣氏の手がけた建築を撮影したプリントを中心に紹介します。建築家の作品である建造物は、石元独自の視点で切り取られ、均整のとれた画面を構成し、自らが印画した光と影のトーンから、石元が建築写真を通して表現した哲学を感じていただけることでしょう。

関連イベント

担当学芸員によるギャラリートーク:
会期中毎土曜日13:30~

同時開催:
石元泰博・コレクション展「シカゴ建築」
前期|2018年11月27日(火)~2019年2月3日(日)
後期|2019年2月5日(火)~3月31日(日)
※2月4日(月)は展示替えのため閉室