石元泰博・コレクション展「ポートレート」 

《ポートレート 唐十郎と李礼仙》 1969年 ©高知県,石元泰博フォトセンター

戦後、シカゴのニュー・バウハウス*1で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博は、バウハウス的なモダン・デザインの思想に裏打ちされた画面 構成とその厳格な造形意識から、日本にとどまらず国際的にも高い評価を得ている高知ゆかりの写真家です。 石元は、人間を撮ることが一番難しく、一番苦手だと語っていますが、1959年から61年の3年間にわたるシカゴ滞在において、人間を撮ることを意識的に 取り組んでいました。*2 今回の展示では、1960年代に石元が撮影した若い芸術家の肖像写真や同時代の人びとを写したポートレートを中心に紹介します。

*1 ドイツのデザイン教育機関バウハウスを辞したモホリ=ナジがシカゴに開校したデザイン学校。石元が入学した1948年当時、インスティテュート・オブ・デザインという名称に変更されており、翌年にはイリノイ工科大学に編入された。
*2 対談 濱谷浩、石元泰博「アメリカで見たこと 日本で見たこと」『カメラ藝術』1962年2月号


[関連情報]東京都内ギャラリーで石元展開催

東京都内の2つのギャラリーにて、石元泰博の個展が開催されます。お近くの方はぜひ足をお運びください。 「石元泰博生誕100年記念作品展」会期:2021年6月10日

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「桂離宮1981-82」

京都郊外の桂川河畔に位置する桂離宮は、17世紀初頭から中頃に八条宮家の別荘として造営されました。書院や茶亭などの建築群とそれらを取り巻く庭園は、日本美の極致とも

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「ヌード」

アメリカで先端的なモダンデザインと写真の教育を受けたのち、1953年に東京へと拠点を移した石元は、学生時代に撮りためた作品の発表や、代表作〈桂離宮〉の撮影と並行

もっと読む →