石元泰博・コレクション展「ハロウィン」

《シカゴ ハロウィン》 1948-52年 Chicago, Halloween ©高知県, 石元泰博フォトセンター

20世紀以降のアメリカにおいて、国民的な民間行事として親しまれてきたハロウィン。10月31日の夕暮れにこどもたちが仮装して家々を巡ると、いたずらをしない代わりにお菓子をもらうことができます。石元が暮らした1940~60年代のシカゴにおいても、様々な民族のこどもたちが思い思いの姿に扮して街に繰り出しました。
石元は、インスティテュート・オブ・デザイン在学時と、後の再渡米時にハロウィンの怪しげな仮装をして暗がりに佇むこどもたちの様子を数多く写真におさめています。魔女やおばけなどに変身しようと、手作りの衣装や仮面を身に着け、顔にペイントを施すなどしたこどもたちの姿は、路上に被写体を探す写真家にとっても魅力的な存在だったのです。
1959~61年の撮影では、当時最新の一眼レフカメラや高性能なレンズを用いることで、薄暗い中でもこどもたちの様子を至近距離で克明に捉えることに成功しています。特に、仮装した「顔」にクローズアップした一連の作品は、こどもたちの生き生きとした表情が印象的です。それは、石元の新たな機材によって得られた未知の視覚への驚きと、ハロウィンの祝祭的な高揚感とが一体となって表れたものと言えるでしょう。
本展では、発表される機会の少なかったカットも含めて、シカゴのハロウィンを写したシリーズを一堂に紹介します。

 


石元泰博・コレクション展「水と人のながれ」

晩年の写真集『刻』(2004年)は、身の周りのうつろいゆくものを写した6つのシリーズ――落ち葉、空き缶、雪のあしあと、雲、水、人のながれ――によって構成されてい

もっと読む →

[出品情報]戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡(香川県立ミュージアム)

香川県立ミュージアムで開催される展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」に、当館所蔵の石元泰博作品38点他、関連資料が出品されます

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「街」

常に自らが住む土地を被写体に写真表現を深めていった石元にとって、写真家としての修練を積んだシカゴと、人生で最も長い時間を過ごした東京は特別な街です。 当館石元コ

もっと読む →