石元泰博・コレクション展「都市―〈映像の現代〉シリーズより」

《東京 街》 1967年頃 Tokyo, Town ©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center

1960~70年代日本の写真界を牽引した編集者・プロデューサーの山岸章二が手掛け、森山大道、東松照明、奈良原一高ら気鋭の写真家たちが名を連ねた写真集シリーズ〈映像の現代〉。全10巻のうち、「都市」をテーマに掲げた第8巻は石元泰博の写真によるものです。

アメリカ・シカゴから戻り日本を拠点とした60年代、石元は個展開催や雑誌連載、写真集の刊行など、旺盛な活動を展開しました。本写真集を構成するのは、この頃撮影された高度成長期真っ只中の東京の姿です。

混沌とした都市空間の片隅で日常を営む人々、テレビや広告によって街に氾濫するイメージ、人工物と自然物の対比、地面や壁に落ちる黒々とした不穏な影――石元は、自身が身を置く「都市=東京」に鋭い眼差しをもって対峙することで、自らが生み出した文明に飲み込まれてゆく人間の姿を、写真家の知覚と被写体がダイレクトに切り結んだ映像表現として巧みに描き出しています。

本展では、『映像の現代8 都市』(中央公論社、1971年)に掲載された作品を、当時制作されたプリントから抜粋して紹介します。

 

出品リスト(PDF)


石元泰博・コレクション展「両界曼荼羅」

石元は、雑誌『太陽』の仕事をきっかけに京都・東寺(教王護国寺)の国宝「伝真言院両界曼荼羅(西院曼荼羅)」と出会いました。ファインダーに浮かび上がった仏や菩薩たち

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「包まれた食物」

食品トレーの上に綺麗にラップをされた鯛のお頭、食べやすいように解体されたカニの足、使いやすいように半分に切られたかぼちゃ。普段スーパーで販売されている食品の数々

もっと読む →

コレクション・テーマ展(3)
石元泰博写真展 建築家・磯崎新、内藤廣の仕事

戦後、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(ID)で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博(1921 – 2012)は、モダン・デザインの

もっと読む →