石元泰博・コレクション展「ビーチ」

《シカゴ ビーチ》 1948-52年 Chicago Beach 1948-52
©高知県,石元泰博フォトセンター

石元泰博は、卓越した造形感覚と、モノクロームの諧調が美しい写真作品で国際的に評価を得ている、高知ゆかりの写真家です。戦後シカゴにて、バウハウスの 流れを汲むインスティテュート・オブ・デザインで写真の基礎を学び、その後日本に生活の拠点を写した石元は、日米両国でビーチを訪れ撮影を行いました。 人々が砂浜に集い憩う様子や、家族や友人、恋人と休日を謳歌する姿、穏やかな波が打ち寄せるひとときなどが、石元ならではの視点で捉えられ、石元写真を代 表するシリーズのひとつです。本展示では、前期はシカゴの、後期では江の島と鵠沼のビーチを紹介します。


石元泰博・コレクション展「HANA」

石元泰博・コレクション展「HANA」 1988年に発行された写真集『HANA』掲載の作品を中心に、石元泰博の視点で捉えた芍薬、水仙、椿など「HANA」の作品を6

もっと読む →

フランスの展覧会「ジャパン-ネス Japan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」(ポンピドゥ・センター・メッス)に石元泰博の作品が出品中

フランス・メッス市のポンピドゥ・センター・メッスでの展覧会「ジャパン-ネス Japan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」に、石元泰博の当館所蔵作

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「国東紀行」

九州・大分県の北東部に位置し、まるでお椀を返したような形で海に突き出す国東(くにさき)半島。ここでは奈良から平安時代にかけ、大陸より伝来した仏教に宇佐八幡の八幡

もっと読む →