石元泰博写真展「この素晴らしき世界」第三期

《街で見たもの》1953-58年 © 高知県,石元泰博フォトセンター

Commemoration of the Opening of the Ishimoto Yasuhiro Exhibition Room
Ishimoto Yasuhiro exhibition, What a Wonderful World

高知ゆかりの写真家・石元泰博作品を展示する待望の常設展示室がオープンします。これを記念し、代表作を中心に3期(各回約30点)に分けてオリジナル・プ リントを紹介します。シカゴや東京の街と人々、桂離宮、色彩豊かな多重露光など、石元作品の魅力満載の展覧会です。また、会場の一角に、石元氏愛用のカメ ラやご自宅で使用していた調度品、石元氏撮影の映像作品なども展示し、多面的にご紹介します。真新しい展示室にて、石元泰博氏の世界をお楽しみください。

関連企画  ※終了しました
記念講演会「石元泰博とその作品世界」
日時 2014年10月12日(日)開場11:00 講演11:30~13:00
会場 高知県立美術館ホール 入場無料(定員399席)
講師:飯沢耕太郎氏(写真評論家)


石元泰博・コレクション展「HANA」

大きな花びらを細い花柄が支えている花の仕組み、自然の不思議さに魅了され、石元が東京の自宅の居間に簡易スタジオを作って花を撮影し始めたのは、昭和61(1986)年

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「国東紀行」

九州・大分県の北東部に位置し、まるでお椀を返したような形で海に突き出す国東(くにさき)半島。ここでは奈良から平安時代にかけ、大陸より伝来した仏教に宇佐八幡の八幡

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「色とことば」

多重露光という手法で生み出された鮮やかなカラー写真群は、石元が半世紀にわたって取り組んだシリーズです。 同じフィルムのひとコマに複数の画像を重ねて写すこの技法を

もっと読む →