「石元泰博・コレクション展「こども」(前期) 

石元泰博は、日本の伝統と西洋モダニズムを融合させた『桂離宮』に代表されるように、端正な画面構成による、モダンで聡明な写真作品で知られていますが、初期の頃はこどもをモチーフにした写真を数多く撮影しています。

様々な国からの移民が暮らすアメリカ・シカゴのスラム街のこどもたち、戦後復興途上の東京の街の路地裏で遊ぶこどもたちの姿が、石元らしい構成力の中に生き生きと写しとられています。石元の写したこどもの姿には、幼いながらも実に堂々とした風格があり、一人の人間としての尊厳すら感じさせます。これらのこどもたちの写真は、石元初の写真集『ある日ある所』(1958年刊)の中にも多数収められました。本展示では、この愛すべきこどもたちの作品群の中から、前期はシカゴの、後期は東京のこどもたちの写真をご紹介します。


石元泰博・コレクション展「都市―〈映像の現代〉シリーズより」

1960~70年代日本の写真界を牽引した編集者・プロデューサーの山岸章二が手掛け、森山大道、東松照明、奈良原一高ら気鋭の写真家たちが名を連ねた写真集シリーズ〈映

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「両界曼荼羅」

石元は、雑誌『太陽』の仕事をきっかけに京都・東寺(教王護国寺)の国宝「伝真言院両界曼荼羅(西院曼荼羅)」と出会いました。ファインダーに浮かび上がった仏や菩薩たち

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「包まれた食物」

食品トレーの上に綺麗にラップをされた鯛のお頭、食べやすいように解体されたカニの足、使いやすいように半分に切られたかぼちゃ。普段スーパーで販売されている食品の数々

もっと読む →