石元泰博・コレクション展「包まれた食物」

《包まれた食物》 1984-85年 ©高知県, 石元泰博フォトセンター

食品トレーの上に綺麗にラップをされた鯛のお頭、食べやすいように解体されたカニの足、使いやすいように半分に切られたかぼちゃ。普段スーパーで販売されている食品の数々を20×24インチにもなる大型のポラロイドカメラで撮影したのが「包まれた食物」シリーズです。これらを撮影する数年前、石元泰博は『アサヒカメラ』に1982(昭和57)年の1年間「食物誌」と題して、妻の滋の文章を付した、食品24点の写真を掲載しています。どちらの作品にも共通しているのは食品がラップや包装で「包まれている」こと。この「食物誌」の中で滋は子供の頃高価で食卓にあまりあがることの無かった鯛を「今は、ちょっと財布の紐を弛めれば誰でも買える。ただしそれはバラバラに解体された一部分、ラップの中のお頭は、まさに唐竹割りに正面から身二つにされた片割れである。」*と、便利さの追求の先に鯛の特質や個性が失われていくのを憂いています。

80年代、日本の生活は、大量生産、大量消費を享受することで豊かになりました。しかし、この流れが食品の均一性、便利さを追求することにつながり、食品の個性や安全性を失わせてしまいました。このような問題を石元はこの「食物誌」「包まれた食物」シリーズで表現したかったのではないでしょうか。

*石元滋「食物誌」①『アサヒカメラ』1月号(朝日新聞社,1982年)

 

出品リスト(PDF)

 


石元泰博・コレクション展「両界曼荼羅」

石元は、雑誌『太陽』の仕事をきっかけに京都・東寺(教王護国寺)の国宝「伝真言院両界曼荼羅(西院曼荼羅)」と出会いました。ファインダーに浮かび上がった仏や菩薩たち

もっと読む →

コレクション・テーマ展(3)
石元泰博写真展 建築家・磯崎新、内藤廣の仕事

戦後、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(ID)で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博(1921 – 2012)は、モダン・デザインの

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「シカゴ建築」

学生時代を過ごし、代表作『シカゴ、シカゴ』の撮影地ともなった石元ゆかりの土地、アメリカ・シカゴ。生活の拠点を日本に移したのちの1966年秋、石元は建築誌『SD』

もっと読む →