石元泰博・コレクション展「東京―山手線界隈」

《東京 山の手線・29》 1981-85年 ©高知県,石元泰博フォトセンター

1953年にシカゴから帰国以来、東京を拠点に活動してきた石元は、常に自らが暮らす街から社会の姿を撮影してきました。1980年代、バブル景気に向かい激しく変貌するメガシティ“東京”を記録するため、石元は山手線の29駅周辺に的を絞り込み、高解像度で再現性の高い8×10インチという大判フィルムを選びました。
建設が進む新東京都庁、真新しい巨大ビルと傍の小さな木造建築との対比、上野公園の西郷隆盛像の前ではやりのヘアースタイルでポーズする女子高生など、80年代の世相や空気感も写し撮りました。これらはシリーズ≪山の手線・29≫として『アサヒカメラ 増刊』「特集“都市を視る”」(1983年)誌上で発表され、その後も、石元は引き続き撮影を続けました。
この約10年に及ぶ一連のシリーズは、戦後復興期から長らく東京を見つめてきた石元の、映像による骨太な都市論となりました。

 

出品リスト前期(PDF)
出品リスト後期(PDF)


「オーテピア高知図書館」での特別展示のお知らせ

オーテピア高知図書館にて、「生誕100年 石元泰博展」の関連展示を行っています。高知と石元のつながりやフォトセンターの活動を紹介するパネルを展示しています。石元

もっと読む →

「土佐市複合文化施設つなーで」での特別展示のお知らせ

石元泰博が少年時代を過ごした高知県土佐市の「土佐市複合文化施設つなーで」にて、特別展示を行います。石元の生涯を感じることのできる年譜や、「桂離宮」、「シカゴ」、

もっと読む →

企画展「生誕100年 石元泰博写真展」

石元泰博(1921–2012)は、対象の本質を掴み取る透徹した眼差しと、厳格な画面構成が際立つ作品によって、 国内外で高い評価を受けている高知ゆかりの写真家です

もっと読む →