カルティエ現代美術財団の企画展「Autophoto」に石元泰博の作品が出品中

フランス・パリのFondation Cartier pour l’art contemporain(カルティエ現代美術財団)での展覧会「Autophoto(オートフォト)」に、石元泰博の当館所蔵作品《シカゴ 雪と車》12点が出品されますので、ご案内いたします。

展覧会名:Autophoto
会期:2017年4月20日(木)~9月24日(日)11:00~20:00(月曜休館/火曜は22:00まで)
場所:261 Boulevard Raspail, 75014 Paris(フランス)
主催:Fondation Cartier pour l’art contemporain(カルティエ現代美術財団)
キュレーター: Xavier Barral, Philippe Séclier
アソシエイト・キュレーター: Leanne Sacramone, Marie Perennes
展覧会の概要:自動車はその発明以降、写真家たちの制作に多大な影響を及ぼしてきました。本展では、自動車が写真家たちに与えた新たな主題や視点、世界を探求する方法とはどのようなものだったのか、ジャック=アンリ・ラルティーグ、リー・フリードランダー、ロザンジェラ・レンノ、石元泰博をはじめとした世界の歴史的な現代アーティスト100名の手による500作品によって展観します。

詳細については、下記よりカルティエ現代美術財団のウェブページをご覧ください。
→カルティエ現代美術財団のウェブページ


石元泰博・コレクション展「HANA」

石元泰博・コレクション展「HANA」 1988年に発行された写真集『HANA』掲載の作品を中心に、石元泰博の視点で捉えた芍薬、水仙、椿など「HANA」の作品を6

もっと読む →

フランスの展覧会「ジャパン-ネス Japan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」(ポンピドゥ・センター・メッス)に石元泰博の作品が出品中

フランス・メッス市のポンピドゥ・センター・メッスでの展覧会「ジャパン-ネス Japan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」に、石元泰博の当館所蔵作

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「国東紀行」

九州・大分県の北東部に位置し、まるでお椀を返したような形で海に突き出す国東(くにさき)半島。ここでは奈良から平安時代にかけ、大陸より伝来した仏教に宇佐八幡の八幡

もっと読む →