フランスの展覧会「ジャパン-ネス Japan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」(ポンピドゥ・センター・メッス)に石元泰博の作品が出品中

フランス・メッス市のポンピドゥ・センター・メッスでの展覧会「ジャパン-ネス Japan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」に、石元泰博の当館所蔵作品《桂離宮》5点が出品されておりますので、ご案内いたします。メッス市に行かれる方はぜひお立ち寄りください。

展覧会名:「ジャパン-ネス Japan-ness 1945年以降の日本の建築と都市計画」展
会期:2017年9月9日(土)~2018年1月8日(月)
場所:Centre Pompidou-Metz
主催:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、ポンピドゥ・センター・メッス

詳細については、下記ウェブページをご覧ください。
→国際交流基金 ウェブページ
→ポンピドゥ・センター・メッス ウェブページ


石元泰博・コレクション展「国東半島」

九州・大分県の北東部に位置し、まるでお椀を返したような形で海に突き出す国東(くにさき)半島。ここでは奈良から平安時代にかけ、大陸より伝来した仏教に宇佐八幡の八幡

もっと読む →

石元泰博・コレクション展「色とことば」

多重露光という手法で生み出された鮮やかなカラー写真群は、石元が半世紀にわたって取り組んだシリーズです。 同じフィルムのひとコマに複数の画像を重ねて写すこの技法を

もっと読む →

高知県立美術館 二大コレクション展
石元泰博写真展「シカゴ、シカゴ」

  戦後、米国・シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(ID)で近代的な写真の理念と方法論を学んだ石元泰博(1921-2012)は、モダン・デザイ

もっと読む →