スクール・プログラムを行いました。

写真家・石元泰博氏の母校、土佐市立高岡第二小学校の3年生を対象に、スクール・プログラムを実施しました。

2本立ての本プログラム。まずは「出前びじゅつ講座」として当館学芸員が小学校に伺いました。石元作品についてのお話しの後は、実際に手を動かしながら、カメラオブスキュラづくりやフィルムカメラでの撮影に挑戦。レンズやカメラの仕組みにみなさん興味津々のようすでした。

次に1週間後には「ミュージアムバス・ツアー」として、児童のみなさんと先生が貸切バスで来館。石元泰博・コレクション展「HANA」を中心に、学芸員と一緒に展覧会を鑑賞し、バックヤードツアーやインスタントカメラの撮影体験も行いました。撮影体験では、「やすひろさんみたいにとれたよ!」という声も聞こえてきました。

本プログラムに参加した児童のみなさんと、また美術館でお会いできるのを楽しみにしています!

******

高知県立美術館では、2014年より、郷土ゆかりの写真家・石元泰博氏が幼少期から少年期にかけての15年間を過ごした土佐市の小学校を対象に、石元氏のコレクションを紹介する教育普及活動を行っています。2016年には土佐市教育委員会と協定を締結し、より連携を強めています。本プログラムが、石元氏の人生や作品を通して、芸術や地域文化に親しむきっかけとなればと考えています。

スクール・プログラムの詳細は、当館ウェブサイトの「スクール・プログラム報告書」(PDF)にてご紹介しております。

(2018.12.14)


[後半]トークイベント 「建築家内藤廣から見る石元泰博」レポート

トークイベント 「建築家内藤廣から見る石元泰博」 後半(パネルディスカッション) 登壇者: 内藤廣氏(建築家、東京大学名誉教授) 里見和彦氏(展示デザイナー、元

もっと読む →

[前半]トークイベント 「建築家内藤廣から見る石元泰博」レポート

トークイベント 「建築家内藤廣から見る石元泰博」 前半 登壇者: 内藤廣氏(建築家、東京大学名誉教授) 「建築家 内藤廣から見た石元泰博」 里見和彦氏(展示デザ

もっと読む →

本日6月14日は石元泰博氏の誕生日です。

本日6月14日は、高知ゆかりの写真家・石元泰博(1921-2012)の誕生日です。 高知で過ごした少年時代から「30才までは勉強しよう」と心に決めていたという石

もっと読む →