プロフィール

1921年6月14日、アメリカ・サンフランシスコに生まれる。3歳のとき両親の郷里である高知県に戻り、1939年高知県立農業高校を卒業。同年、単身渡米するが、間もなく太平洋戦争がはじまり、収容所生活を経験する。終戦後は、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(通称、ニュー・バウハウス)で、写真技法のみならず、石元作品の基礎を成す造形感覚の訓練を積む。その後、桂離宮のモダニズムを写真により見出した作品で高い評価を受ける。丹下健三、菊竹清訓、磯崎新、内藤廣など日本を代表する建築家の作品を多く撮影してきたことでも知られる。

文化功労者。高知県文化賞受賞。2012年2月6日に逝去。享年90歳。正四位、旭日重光章追贈。

主な写真集
『ある日ある所』(1958年)
『桂』(1960年)
『シカゴ、シカゴ』(1969年)
『伝真言院両界曼荼羅』(1977年)
『HANA』(1988年)
『伊勢神宮』(1995年)
『刻』(2004年) など

主な個展
1996年「石元泰博展 現在の記憶」(東京国立近代美術館フィルムセンター)
1998年「シカゴ、東京展」(東京都写真美術館)
1999年「Yasuhiro Ishimoto: A Tale of Two Cities」(シカゴ美術館)
2001年「石元泰博写真展1946―2001」(高知県立美術館)
2010年「石元泰博 写真展 」(水戸芸術館現代美術センター)など

主なコレクション
東京国立近代美術館
東京都写真美術館
川崎市市民ミュージアム
山口県立美術館
横浜美術館
ニューヨーク近代美術館
ヒューストン美術館
シカゴ美術館
バウハウス美術館 など

石元泰博略年譜[PDFファイル]